けやき坂イルミーション2021のベスト撮影ポイントを取材してきた(六本木ヒルズ)

投稿:ススミカマガジン・トラベローグ編集部

スポンサーリンク

東京の冬の風物詩が今年も六本木ヒルズに登場、一足早く撮影ポイントを取材

六本木ヒルズ けやき坂 編集部撮影

2021年11月10日(金)から開催されている「六本木ヒルズ けやき坂イルミーション」。編集部では点灯に先駆けて開催されたプレスプレビューを9日に取材、煌めくイルミネーションを最も楽しめるポイントを探してみました。

  • 取材協力:六本木ヒルズPR事務局さま
  • 記事中の写真は全て編集部撮影
  • 記事中の画像、写真、文章の引用及び転載をすべて禁止します。

関連

[開催中] 2021年「六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション」が点灯 11月10日(水)~12月25日(土)

六本木ヒルズの冬の風物詩「けやき坂イルミネーション」が2021も点灯。本記事では…
travelogue.susmca.com
スポンサーリンク

400m 続く六本木けやき坂通りが白&青の LED で光り輝く

六本木の街に冬の訪れを告げる六本木ヒルズ けやき坂イルミネーション。六本木けやき坂通りを約400mにわたり白色と青色の約70万灯のLEDが、都会的で洗練された”SNOW&BLUE”に彩ります。

六本木ヒルズ けやき坂 編集部撮影

六本木ヒルズのイルミネーションは、環境に配慮し、2003 年の開業以来 LED を採用し、100%自家発電設備からの供給。また、環境貢献としてのグリーン電力(日本風力開発株式会社)も利用しているそうです。

動画

ムービー班も結構がんばりました。

インスタ映えさせたい!ベスト撮影ポイント3選

六本木ヒルズ けやき坂 編集部撮影

おすすめ撮影ポイントは大きく分けて3カ所、けやき坂の両端と中央。ブリッジ下、エスカーダ前のエリアではイルミネーションとともにライトアップされた東京タワーを見ることができます。

六本木ヒルズ けやき坂 編集部撮影

①けやき坂下エリア

坂の一番下のエリアでは東京タワーを背にする形で通りを見上げられます。

六本木ヒルズ けやき坂下エリア 編集部撮影

②ブリッジ上

六本木ヒルズアリーナのブリッジ上からは、まっすぐに東京タワーが見えます。11月上旬は葉っぱでLED電球が隠れてしまうため、撮影は落葉後はおすすめ。フェンスが高めなのと、競争率が高めではありますが焦らずに。

なお、この日は雨上がり直後の撮影。霞んでいた東京タワーの霧が晴れてきた所をフェンスと一緒に撮影しています。

六本木ヒルズ けやき坂 ブリッジ上 編集部撮影

ブリッジの反対側からは、けやき坂の上までを見渡せ、こちらもオススメ。

六本木ヒルズ けやき坂 ブリッジ上 編集部撮影

連絡ブリッジのフォトスポットもお見逃しなく

kanakoさん描きおろしの馬のオーナメントが特徴的なホースツリー(クリスマスツリー)。
4メートルもあります。

六本木ヒルズ けやき坂 ブリッジ上 編集部撮影

③エスカーダ前

けやき坂の上の部分、エスカーダの前には撮影ポイントの表示があります。東京タワーとLEDで光輝く並木道が一緒に撮影できる人気のスポットがココ。坂道が曲がっているため、東京タワーを正面に収められる場所はピンポイントとなります。ちょっと位置をずらすと東京タワーが消えるのが不思議。

逆に東京タワーに極端にこだわらなければ、オリジナリティのある絵を撮れると言えなくもないかもですね。

六本木ヒルズ けやき坂 エスカーダ前 編集部撮影

六本木ヒルズ けやき坂イルミーション2021

  • 2021年11月10日(水)から12月25日(土)まで
  • 17:00~23:00
  • 六本木けやき通り
  • 約70万灯のLED
  • ライティングデザイン:内原智史デザイン事務所
  • 協賛:JRA