箱根あじさい電車の歴史 ― 2021年は2年ぶりに夜間ライトアップの実施が決定!《初夏の箱根の風物詩》

2021年は2年ぶりに夜間ライトアップ実施が決定した、初夏の箱根の風物詩・箱根登山鉄道の”箱根あじさい電車”の歴史の紹介。箱根登山線は箱根湯本駅から強羅駅までの標高差が400メートル以上もあり、あじさいの見頃もこの標高差とともに移っていくため、鑑賞期間が長いのが特徴。箱根は標高が高く、あじさいは7月も見頃となります。

箱根ガラスの森美術館で「ヴェネチアの街角」に迷い込んできた

 箱根・仙石原にある箱根ガラスの森美術館。ヨーロッパの中世貴族が熱狂したヴェネチアン・グラスの名品の数々を紹介する、日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館です。同美術館は年間平均50万人のお客さまが来館、しかもリピート率が50%もあるという「何度も来たくなる美術館」として人気のスポットでもあります。今回、編集部で…