箱根登山鉄道を部屋から存分に眺める方法→箱根ゆとわでワーケーションする《動画追加》

2022年4月27日

投稿:ススミカマガジン・トラベローグ編集部

雨の日でも、箱根登山鉄道をじっくり愛でる方法!強羅の「箱根ゆとわ」さんの別棟、コンドミニアムからなら終電も始発も、窓からぞんぶんに眺められます。

箱根ゆとわには、2020年の夏にも一度取材で訪れていますが、今回は「雨の箱根の愉しみ方」「箱根でワーケーションするベストな宿」というテーマにて自腹で宿泊してみました。

スポンサーリンク

動画

動画を追加しました。他にも取材動画をアップしていますので、ぜひチャンネル登録もお願いします。

いつでも好きな時間に入れる温泉はマジでオススメ。今回、いつでも入れすぎて大浴場を利用しそびれてしまった…。

はなれにあたるコンドミニアムタイプのお部屋

箱根ゆとわは、「東棟」「西棟」と「コンドミニアム棟」の3つの建物で構成されています。今回宿泊したのはコンドミニアムタイプのお部屋。源泉かけ流しのビューバスの他、キッチンには食器類が備え付けられています。専用のエントランスで出入りするため、パブリックスペースを全く利用しないで完全おこもりステイが可能です。

コンドミニアムのビューバスはかけ流しの温泉。このお湯は大浴場と同じもの!かけ流しなのでずっとお湯が流れていますが、夜の12時から朝6時の間は一旦止まります。お湯が泊まった後も追い焚きはされ続けるので、自分専用温泉を一晩中楽しめてしまいます。なかなか貴重な体験かも。

スポンサーリンク

窓の下を走る登山電車。

これだけでもう最高なのに、ここからが本題。この部屋は窓の下に箱根登山電車の線路が走っています!彫刻の森駅を抜け、山をカーブしながら強羅へ向かってくる(あるいはその逆)の電車を一日中堪能。なかなか夜の登山鉄道を見下ろせる機会というのはないのでは。

踏切の音が聞こえてくる度にワクワク。最高か!

結構遅い時間まで走ってるんですよ。

編集長的にはイチオシです。(今回自腹ですので忖度なく書いてます。)

箱根には高級な宿からすごく高級な宿まで様々な旅館&ホテルがありますが、総合的なバランスで言うと「箱根ゆとわ」さんが一番おすすめなのではないかと思います。
登山鉄道をがっつりと堪能するならコンドミニアム一択ですが、「ナカニワ」で存分に足湯とか、ライブラリーラウンジで読書に没頭とか、どのプランでも正解になるのが素敵な所。老若男女、思い思いのゆったりした時間を過ごせますよ。かながわ旅割も延長になりましたし、この機会にぜひお試しあれ。

電源問題も改善!

2020年の取材時にライブラリーラウンジでガチで業務をしてみた際、電源を取れるスペースが限られる問題について記事中で指摘したのですが、今回、カウンターの各席にAC電源からUSB-Cまで対応するマルチタップが設置されていました。これで電源問題も解決。更に無敵に!

リソース

  • 記事中の写真は全て編集部による撮影です。

箱根ゆとわの公式サイト

強羅駅徒歩5分のホテル | 箱根 ゆとわ【公式】

【2019年8月開業】強羅駅から徒歩5分の和モダンなホテル「箱根 ゆとわ」。ニー…
www.hakoneyutowa-hotel.jp

関連記事

こちらは2020年の夏頃に宿泊取材した時の記事

[取材] 強羅「箱根 ゆとわ」にWacom Oneを持ち込んで仕事したら異常に捗った件

箱根で「ワーケーション」してみる 箱根ゆとわの「ナカニワ」 写真提供は広報事務局…
travelogue.susmca.com

箱根でインスタ映えを狙うなら!駅徒歩OK 強羅のホテル「箱根 ゆとわ」がオープン

新たな箱根のインスタ映えスポット誕生  箱根・強羅に「箱根 ゆとわ」が2019年…
travelogue.susmca.com